教職員対象の救命講習会

本校では毎年、教職員対象の救命講習会を行っています。毎年夏休み中に開催し、受講経験者も数年おきに繰り返し受講しています。今年は8月27日(火)に16回目の講習を行いました。市川市消防局より来校いただいた講師の方々の指導の下、教職員は7つのグループに分かれて心肺蘇生法、AEDの使用方法、のどにつまった異物を除去する方法を学びました。心肺蘇生法は数年前とくらべて改良されている面もあり、定期的に受講することの意義を実感しました。

AEDを使用したことで救われた命もあることを知り、尊い命の危機にどう対処するか、教職員の意識はより高まったと思います。


2019/10/07〜 アクセスカウンタ 

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ