専攻科造形芸術科・ビジネス情報科生徒が
株式会社クラレを見学

2月7日、専攻科造形術科・ビジネス情報科1年生が株式会社クラレ東京本社を訪問しました。

本校生徒の自己紹介から始まり、『会社概要説明』『社内見学』『CSR活動(講義)』『これから社会人になる皆さんへ(講義)』『質疑応答』というプログラムで実施してくださいました。

『会社概要説明』では、会社の歴史や事業について説明していただき、ショールームで実際の製品を見せていただくことで、研究・開発した素材が身の回りの様々な製品に使われていることを知り、より理解を深めることができたようです。また『CSR活動』の1つとして行われている「ランドセルは海を越えて」の活動についてのお話では、人の役に立つことの大切さを学ぶこともできました。

『社内見学』では「造形芸術科作品展(※)」の見学も行われ、造形芸術科の生徒は自らの作品について説明する機会を与えていただきました。

『これから社会人になる皆さんへ』の講義では、「働くこと」について生徒も意見を述べながら、大切な視点や考え方、心構えについて詳しくお話していただき、社会人になるために必要なことは何かを学び、理解する機会となりました。

毎年大変お世話になっている「株式会社クラレ」の皆様には、お忙しい中、本校の生徒のために様々な面でご協力、ご配慮をいただいておりますことを、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

※「造形芸術科作品展」
 クラレ東京本社内で毎年開催していただいている展覧会です。打ち合わせスペースや休憩スペースで展示される生徒作品は、社内だけでなく商談にいらした方などにも鑑賞していただいています。校外の方に造形芸術科の創作活動の成果を知っていただき、感想をいただける大変貴重な機会となっています。


2018/02/08〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ