ビジネス情報科 秋葉原市場調査

12月19日(火)、専攻科ビジネス情報科の生徒が秋葉原の市場調査を行いました。

本調査では、秋葉原で様々な情報機器に触れ、その実体験を通して情報処理に関する専門知識の理解を促すこと、そして秋葉原電気街の売買の様子を把握することを目的としています。1年生、2年生それぞれにテーマを設定して調査を行います。

今回、初めての秋葉原見学を行った1年生たちは、事前に「市場調査用チェックシート」を準備し、PCの周辺機器やソフトウェア、メディアなどを調査しました。お店を何店舗も見回って、価格の違いや製品の特長などを確認していました。また去年経験済みの2年生たちは、デジタルコンテンツ制作に必要な素材集めなどに取り組みました。

当日は天候にも恵まれ、生徒たちは意欲的に取り組んでいました。

ビジネス情報科の詳細はこちら


2017/12/19〜 アクセスカウンタ 

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ