ニジニノヴゴロド聴覚特別支援学校

交流派遣プログラム4日目

インクルーシブエデュケーションセンターのアレクサンドル・スーリン氏と日露両国の教育事情について情報交換を行いました。その後、ニジニ・ノヴゴロド国立言語大学において、日本語を学ぶ学生との意見交換、寄宿ろう学校・ピアノ劇場と今後の交流についてのミーティング等を行い、日露間の架け橋をつくる一日となりました。


2017/03/31〜 アクセスカウンタ 

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ