専攻科 造形芸術科&ビジネス情報科の特別活動

専攻科の造形芸術科とビジネス情報科では『学校グッズ企画』という活動に取り組んでいます。 この活動は学校公式グッズを企画・デザインして提案、その中で採用されたものを製品化した上で販売まで、生徒が自ら行うというものです。 10月28日(金)この学校公式グッズの販売について、生徒達が最終打ち合わせを行いました。

7月〜情報共有を意識しつつ各係で仕事をしてきましたが、この打ち合わせは全体での共通理解と流れの把握を目的です。

パワーポイントによる視覚的説明、販売や会計の仕事の流れを実演、当日使用する制作物の披露、伝わりやすく工夫されたプレゼンテーションなど、自分達の意図を全体に伝えるため熱心に取り組んでいる姿が印象的で、 学校公式グッズ活動の当日が期待される説明会となりました。

『学校公式グッズ企画』

初めて専攻科から学校公式グッズ実現に向けての提案がなされ実現したのが、平成25年度です。当初は企画デザインし、提案、通ったものを製品化して教務に納めるまでを活動としていました。 この活動を拡大し平成27年度から、専攻科の生徒達が販売まで企画実施するものになりました。 現在の学校公式グッズは、温もりを感じられる手づくりのレザークラフト製品で、同じ筑波大学の附属校、大塚特別支援学校の親の会を母体とした『工房わかぎり』へ発注しています。


2017/10/31〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ