台北駐日経済文化代表処教育部の林世英様と王鴻鳴様が来校

造形芸術科・ビジネス情報科生徒との交流会

6月30日(木)、台北駐日経済文化代表処から教育部部長の林世英様と課長の王鴻鳴様が本校に来校されました。

台湾と本校は、様々な面で交流を持ち、またつながりや結びつきを深めています。

今年4月には、國立臺中啓聡学校生徒の皆さんが本校を訪問し専攻科造形芸術科・ビジネス情報科生徒と交流し、また臺北市立啓聰學校とはオンライン交流を行い、また台南地震被害に関しては校内一丸となって義援金を集めて台北駐日経済文化代表処へお届けしました。そして今年度、造形芸術科とビジネス情報科では台湾研修旅行を行う予定を立てています。

今回、本校による義援金への御礼と今後の交流活動に向けた意見交換のため訪問してくださり、専攻科造形芸術科とビジネス情報科の生徒たちとの交流会に参加してくださいました。生徒たちの台湾に関する数々の質問にも、毎回丁寧に答えてくださり、大変貴重な機会となりました。

最後に林世英様からは「今回私が話したことは、あくまで参考となる情報だけです。実際に台湾へ行って、自分の肌で感じてみてください。そして台湾のことを好きになってください。」とお話し頂きました。

今後も台湾研修旅行やインターネットを通じたオンライン交流など、様々な教育活動を通して本校は台湾とのつながりや結びつきを更に深めたいと思います。

あらためまして、本日お忙しいところ本校にお越し頂きました林世英様と王鴻鳴様には、様々な面で本校生徒のためご配慮頂きました。心より感謝申し上げます。


2016/06/30〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ