ビジネス情報科 最新の情報処理に関する講義と体験

大阪大学・神戸大学の先生方による特別講義

7月11日(月)、ビジネス情報科1年・2年合同で、「インターネット・情報処理に関する最新技術の体験」というテーマで特別授業を実施しました。

今回、大阪大学で教員をされている柗本真佑先生(大阪大学大学院情報科学研究科)、神戸大学で教員をされている佐伯幸郎先生(神戸大学大学院システム情報学研究科)、神戸大学大学院生の鳥羽祐輔さん(神戸大学大学院システム情報学研究科)を特別講師としてお招きし、講義して頂きました。

まず、柗本先生から「Webの誕生と進化」についてお話し頂きました。生徒にとって難解で専門的な言葉に関しても、身近な具体例をもとに分かりやすく説明して頂きました。

「最新技術の体験」では、鳥羽さんを中心に開発が進められている音声認識技術を使った会議可視化システム「MIETA」を体験させて頂きました(本システムは、上記の先生方と本校教員が連携して研究開発を進めています)。

ビジネス情報科の生徒たちは、最新の情報技術に大いに驚き、先生方のお話に見入っていました。また、将来の情報保障を支えるかもしれない先進的なシステムを体験し、新しい視点を獲得していた様子でした。


2016/07/11〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ