[Taiwan]台湾視察 第5日目(最終日)「DFI 本社及び工場訪問」

台湾視察の第5日目(最終日)は、DFI Incの本社と工場を訪ねて、工場見学や平成28年度の研修旅行協力に関するお願いをさせて頂きました。

DFIは、コンピュータの根幹であるマザーボードの世界的なメーカーです。そして、ゲームセンターのほぼすべてのアーケードゲームにDFIの組み込みシステムが使われ、コンビニのPOSレジや医療機器、ガソリンスタンドのタッチパネルなどの私たちの生活を支えるシステムにDFIの製品が多く組み込まれています。

今回ご対応くださった本社及び日本法人の皆様と、日本にいるビジネス情報科の生徒たちをビデオチャットでつなぎ、生徒に自己紹介の機会を与えて頂きました。日本法人の代表の方への挨拶は、とても貴重な機会となったことと思います。生徒による質問時間には、「マザーボードとグラフィックカードの他にどのような製品を作っているのでしょうか」「従業員の方には私たちと同じ聴覚障害の人はいますか」などの質問が出て、その一つ一つに丁寧にご回答くださいました。

その後の工場見学では、マザーボードの製造工程について品質管理という観点で詳しくご説明頂きました。日本人が大切にしてきた「真面目にコツコツ」という姿勢がとても大切であること、取引相手の信頼を勝ち得ることの難しさなど、生徒にも是非聴かせたいお話を数多くしてくださりました。訪問者一同、大変勉強になりました。

今回、大変お世話になりました「DFI Inc」「日本法人ディエフアイ株式会社」の皆様には、お忙しいところ、様々な面で本視察のために多大なるご協力ご配慮を頂きました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。



2015/01/15〜 アクセスカウンタ

2015年のトピックスのトップページへ

トピックス全体のトップページへ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ

4