秋篠宮同妃両殿下がご来校、全校をご視察されました

(画像をクリックすると拡大して見ることができます)

秋篠宮殿下と妃殿下紀子様が、平成19年(2007)2月19日(月)、本校を約1時間半にわたりご視察されました。

前日までの雨があがり、あたたかな日差しの中、中庭に整列した児童生徒、保護者、教職員そして来賓の方々が、両殿下をお迎えしました。玄関前で、谷川彰英附属学校教育局教育長、四日市章学校長、斎藤佐和前学校長、伊藤芳久PTA会長の挨拶を受けられた後、予定外でしたが、両殿下は中庭の児童生徒、保護者の前をまわり、手話を交えながらお声をかけてくださいました。

乳幼児教室から始まり、0歳児の「リズム遊び」、幼稚部5歳児グループの「リズム遊び」、小学部1,2年の授業そして3年以上の全児童による合奏合唱をご覧になり、合奏合唱の後、秋篠宮様からは「とても素敵な演奏をありがとう」と挨拶をされ、楽器を持った児童にもお言葉をかけてくださいました。

高等部棟に移られ、3階の高等部1,2年の授業、中学部1年の英語授業、4階造形芸術科では、美術コース生徒の絵画実習をご覧になり、一人ひとりに手話を交えて声をかけてくださいまし。また前日まで市川市文化会館で開催されていた「造形芸術科卒業制作展」(校内展示会)もゆっくりとご覧になりました。

お帰りには、幼稚部幼児保護者も一緒に全校でお見送りしましたが、お車の窓からいつまでも手を振られている両殿下の姿が印象的でした。

皇室の方々のご視察では異例とも言われる1時間半を超えるご視察を無事終えることができ、この日は、本校にとっては歴史に残る素晴らしい1日となりました。


アルバムのページへ


筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ