筑波大学附属聴覚特別支援学校
(筑波大学附属聾学校)
筑波大学附属聾学校の将来構想 校章

設置の趣旨及び使命

本校は,聴覚障害教育の実践を通じて筑波大学の教育研究に協力する附属学校として,次の3つの使命をもっている。

1.聴覚障害児教育の可能性の追求
2.実践的研究の推進
3.教育実習及び現職教育

教育目標と特色

 本校は,進んで自分の能力を開発し,広い視野に立って文化的生産的活動の発展に寄与できる人格の育成に努めている。
 この目標を達成するために,幼稚部では話し言葉を通して日本語を習得させることに努め,小学部・中学部では聞こえる子どもたちと同じ教育課程によって教科の学習を進め同年齢の聞こえる子どもと同等の学力が維持できるように努めている。
 高等部では,卒業後の進路を考慮に入れ生徒の能力と適性に応じた教育課程によって大学進学や専攻科への進学とそれぞれの適性に応じた教育を行なっている。

実践活動及び研究成果の公開

1.関東地区聾教育研究会授業研修会の開催
2.聴覚障害教育担当教員講習会の開催
3.研究紀要の発行
4.全日本聾教育研究会での発表

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ戻る