学校長挨拶

本校ホームページをご覧くださりありがとうございます。筑波大学附属聴覚特別支援学校長の伊藤僚幸と申します。

本校は、千葉県市川市国府台(こうのだい)という場所にあります。奈良・平安時代に下総国の国府があったことから「国府台」の地名になったと言われています。この地は、日本最古の歌集「万葉集」に登場したり、堀之内(ほりのうち)貝塚や曽谷(そや)貝塚などの遺跡が現存したりしていることでも有名です。本校は、文学と歴史の匂いが色濃く残る街に所在しています。

本校の設立は、1875年(明治8年)、古川正雄、津田仙、中村正直、岸田吟香、ボルシャルト、ヘンリー・フォールズの6名が「楽善会(らくぜんかい)」を組織し、盲聾唖者の教育を計画したところから始まります。1885年(明治18年)には、文部省の直轄学校となり、日本で唯一の国立の聾学校となりました。校名は、「東京盲唖学校」、「東京教育大学教育学部附属聾学校」、「筑波大学附属聾学校」等、多くの変遷をたどり、2007年(平成19年)4月、現在の校名「筑波大学附属聴覚特別支援学校」に至っています。

本校の特徴は、聴覚に障害がある乳幼児から高等部専攻科生徒までの子どもたちを教育対象とし「一貫した教育」を実践していることです。子どもたち一人一人の個性を適切にとらえ、発達段階に応じた言葉の指導や社会性の伸長を図ることを教育目標としています。また、筑波大学の附属学校として筑波大学の研究や実践に協力したり、全国の特別支援学校教員の研修の場として活用されたりしていることも特徴の一つです。

長い歴史と伝統を大切にし、聴覚障害がある子どもたちの社会自立と自己実現を達成するため、教職員一丸となって教育活動を展開いたします。これまで同様、関係各位のご支援ご協力をお願い申し上げます。

令和2年4月1日             

筑波大学附属聴覚特別支援学校長 伊藤僚幸


2020/04 〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ