2歳児「パパの会」

6月15日(土)に、2歳児グループで「パパの会」を行いました。

 「パパの会」は、お父さん方に、けやきルームでの子どもたちの様子を知っていただくことや、子どもとの関わり方や子育て、聴覚などについての理解を深めていただくことを目的としています。

 はじめに、グループごとにいつも遊んでいるプレイルームで遊びます。   テラスではダンゴムシが散歩をしていて、親子で一緒にじっと楽しむ様子が見られました。

 いつもと同じおもちゃでも、お父さんとの遊びでは遊び方が少しちがっていて、子どもたちはそれも楽しんでいました。

 いつもは、自分でウレタンブロックを使って道や坂を作り、車を走らせている子どもたちが、今日はお父さんがウレタンブロックで作ってくれて大喜び。夢中で車や電車を走らせていました。

 どのお父さんも、優しいまなざしで一緒に遊んでいました。

 名札付けの場面では、子どもたちは、お名前を呼ばれると喜んで名札をもらいに行きます。

 もらった名札をお父さんに嬉しそうに見せて、名札を服の好きなところにつけてもらっていました。

 そのあと、遊戯室に移動し全員でリズム遊びやふれあい遊びをしました。みんなで輪になって、ピアノのリズムに合わせて歩いたり走ったりして体を動かしました。

 先生が抱き上げて、「ぶーらんぶーらん」とぶらんこのようにしてもらったあとに、「パパー」とお父さんに受け止めてもらうふれあい遊びを行いました。

 お父さんのもとへ勢いよく向かうときの子どもたちの満面の笑みに、お父さんもニコニコでした。

 それから、飛行機遊びもしました。お父さんに、水平にだっこしてもらい、飛行機のようにびゅーんと飛んでいきます。

 お父さんによって、上下したり、前に傾けたりするなど、飛び方もいろいろ。座って見ているお友達も楽しそうに手を振っていました。

 そのあと、お父さんの膝に座って、フラフープをハンドルにして、バスの歌遊びをしました。

 お友達の顔を見たり、お父さんと目を合わせたりして、笑顔いっぱいに楽しみました。

 最後に、懇談をしました。お父さん方に家でのお子さんとの関わりの様子や、今日の感想などについてお話をしていただきました。

 お父さん方からは「子どもの意思表示や主張が強くなってきて大変なこともあるけれど、やりとりしていて関わることが楽しい。」「弟妹のお世話をしたがることが多くなってきた。」というお話や、昨年度、一歳児の秋に行った「パパの会」の時と比べて、子どもの成長が感じられたという声も聞くことができました。

 教員からは「子どもが自分の身の回りのことを自分一人でやりきれるように、お父さんお母さんが一緒にやりながら取り組むことの大切さ」や「子どもがしている遊びを同じようにして遊んであげたり、子どもの気持ちを子どもの言葉で言ってあげたりすることの大切さ」などについてお話ししました。