文化祭 たくさんのご来場,ありがとうございました

文化祭のページ   文化祭展示案内

11月3日(土),平成24年度の文化祭を開催しました。今年の欅祭のテーマ は,『革新』です。 

私たちは聴覚障害を持っています。昔と比べて、障害を持っている人が偏見を持たれることが少なくなり、一人の人間として見てくれるようになりました。それは先人たちが世の中を革新していったからこそ、今の過ごしやすい生活があるのです。そして、その先人たちの功績の上に新しい一歩を踏み出し、さらに過ごしやすい社会を築くためにも、自分が障害を持っているからと言って諦めたりせず様々な困難な状況を変えていく(=革新)という気持ちを持ち続けたいと思います。

幼児児童生徒は,この日のために何日も前から準備をしてきました。また,PTA・同窓会・鴻友会(卒業生親の会)の方々のご協力もいただき,テーマ「革新」にふさわしい展示ができたと思います。ご支援いただきました方々へ感謝いたします。


中庭には,お弁当・サンドイッチ・和菓子・焼きそば・フランクフルト・焼き鳥・わたあめ・たこやき・アイスなどを販売するPTA食堂の模擬店がたくさん並びました。また,PTAバザー子どもバザーでは,ご寄付いただいた品物(手作り品を含む)が売り出され,午前10時のスタートと同時に,あっという間に売り切れました。また,こどもゲームコーナーも大好評でした。バザー終了後にいらして,「残念,では展示を」という近隣の方もいらっしゃいました。PTAの食堂とバサーの収益金は,今後の本校の教育活動に生かされます。ご協力ありがとうございました。

 

小学部棟・中学部棟・高等部棟・歯科技工科棟の教室が発表の展示会場になりました。幼児・児童・生徒の学習の成果を,それぞれ工夫して発表していました。今年も見ごたえがありました。

展示の詳しい内容は「文化祭の展示案内」をご覧ください。

歯科技工科の喫茶コーナーや同窓会の喫茶室,中庭などで久しぶりに語り合う同窓生がたくさんみられました。美術・デザインコースの似顔絵コーナー,歯科技工科の体験コーナーも好評で,待ちの行列ができました。

体育館では,中学部生徒の演劇,高等部普通科やビジネス情報科の映画,造形芸術科生活造形コースのファッションショーが行われました。映画は高等部棟3階の多目的スペースでも上映され,多くの観客が熱心に見入っていました。

毎年恒例の発音チェックも親子連れの参加者が多く好評でした。

文字表示装置液晶テレビで視覚的な案内も活躍しました

文化祭のフィナーレとして,後夜祭も行われました。たくさんの方々がおいでくださり,後ろの方では立ち見の方もいたほどでした。


2012/10/03〜 アクセスカウンタ  

2012年のトピックスのトップページへ

トピックス全体のトップページへ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ