第1回中学部俳句教室

724()、第1回中学部俳句教室が行われました。

 今回は、市川市文学ミュージアムのご協力の下、「出前授業」という形で実現いたしました。俳句の基礎を学び、作品作りを通して、俳句の豊かさを味わうとともに、各種俳句コンクールの作品作りにおいて、学んだことを生かすことを目的として行われました。
 生徒たちは、はじめに俳句の基礎について学びました。「一句に入れる季語の数は一つにする。」など、講師の方の話に聞き入っていました。
 その後、学年ごとに分かれて、各
HR教室で作品作りを行いました。季語集()を手に、心に感じたことの中から表現したいものは何かについて、全員時間をかけ真剣に考えていました。講師の方からは、「当たり前のことは書かないようにしましょう。」「今、あなたが感じたことを表すのにぴったりな表現は何ですか。」等多くの適切なアドバイスをいただきました。
 最後は各学年とも全員の俳句の鑑賞を行いました。例年に比べ、ひときわ暑いこの夏を上手く表現した作品が出来上がりました。講師の方からは「俳句を詠む感覚が素晴らしい!」とお褒めの言葉をいただきました。

 事後アンケートでは、ほとんどの生徒が「先生方のお話はわかりやすかった。」「また来年も授業を受けたい。」と感想を述べていました。今回、市川市文学ミュージアムの職員様はじめ講師の方々には、お忙しいところお越しいただき、生徒のためにご準備、ご指導していただき、大変お世話になりました。

 この場をお借りして心より厚く御礼申し上げます。