平成30年度関東聾学校中学部陸上競技大会

 5月17日(木曜日)、夢の島陸上競技場で関東聾学校中学部陸上競技大会が行われました。気温の上昇、熱中症の心配をしていましたが、適度な風のおかげで、予報ほど気温が上がらず、よいコンディションで大会を終えることができました。
 生徒たちはそれぞれの個人種目に真剣な態度で臨み、練習の成果を発揮し、多くの自己記録の更新、入賞を果たしました。
 最終種目の学校対抗の4×100mリレーでは、男子が連覇を果たし、9年ぶりに男女そろって優勝することができました。
 5月8日と当日、お手伝いをしてくださった筑波大学および和洋女子大学の介護等体験の学生のみなさん、ありがとうございました。
 当日の様子を写真でご覧ください。