2019年度 筑波大学教員免許状更新講習
附属聴覚特別支援学校実践実習

6月22日(土)に本校において筑波大学教員免許状更新講習が行われました。今年度は、6月と8月に実施しております。6月の講習では、講義と授業参観、授業研究会(グループ討議)を行いました。

今年度は、高等部普通科の教職員が中心となって講習を行いました。講義では、聴覚障害教育について生徒の立場から考え、授業での配慮事項について知っていただくことができました。受講された方々は、うなずきながら講義をお聞きになっていました。その講義で学ばれたことを生かして、授業参観では、特別支援学校(聴覚障害)ならではの指導上の配慮に注目し、メモをとりながら興味深くご覧になっていました。そのため、その後のグループ討議では、みなさん活発に意見を出し合い、聴覚障害の子どもたちに配慮しながら思考力をつけるための授業のあり方について深く考えていただくことができました。受講された皆様ありがとうございました。

来年度は、高等部専攻科が担当する予定です。更新講習を予定されている方には、本校での受講を是非候補に挙げていただけたら幸いです。


2019/06/25〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ