令和元年度 関東地区聾教育研究会「聾教育実践研修会」

6月13日(木)と14日(金)に関東地区聾教育研究会主催の「聾教育実践研修会」が本校で行われました。これは、聾教育に新たに携わることになった先生方を主な対象者として、本校で毎年行われている研修会です。今年度は、日本各地から2日間で約110名の参加者がありました。

1日目は、特別支援学校(聴覚障害)についての概論と幼稚部から高等部までの教育や授業実践についての講義が行われました。参加された先生方は、メモをとりながら、講義を熱心に聞き、講義後にも講師に質問をする方がいらっしゃいました。2日目は全学部での公開授業と指定授業が行われました。その後の授業研究会では、各部で授業に関する建設的な意見交換がなされていました。また、本校の授業についてのみでなく、各学校の指導に関する情報交換も行われ、大変有益な機会となりました。

新任の先生方が、各校での指導に慣れて、目の前の子どもに合わせた教材研究をさらに発展させておられる1学期に、同じ志を持つ先生方と指導についての具体的なディスカッションができる機会はたいへん貴重であると考えております。また、本校職員にとっても指導力向上のありがたい機会です。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。


2019/06/15〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ