「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」研修生来校

4月16日に「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」研修生が来校されました。この方は、スリランカの聾学校の教員で現在公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会のコーディネートのもと約1年間の研修プログラムを受けておられます。

全ての学部学科を熱心に参観され、授業で大切にしていることやコミュニケーションについて質問されていました。また、日本とスリランカの聴覚障害教育を取り巻く環境について情報交換をしました。

小学部の外国語活動ではいっしょに「Nice to meet you.」とやりとりを楽しんでくださいました。子どもたちも実際に外国の方とやりとりができて大喜びでした。

この先生は、ご自身が日本でお生まれになり、本校乳幼で約1年間教育を受けられました。その後スリランカに帰国されたご両親が、本校の指導法を参考にしながらスリランカの先生方と共にお子さんの言葉を育てられたということです。そして、スリランカの教員となり、国を代表するような研修生となって来日され、本校での研修を是非にと希望されたのでした。この方の当時を知る教員と再会するなど感動的な場面もありました。

本校とつながりのある方が、祖国で活躍され、しかも聴覚障害教育の発展に貢献されているという大変うれしいお話でした。


2019/04/17〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ