小学部の教員が
第34回東書教育賞を受賞

本校小学部の教諭が、東京書籍株式会社主催の第34回東書教育賞小学校部門「優秀賞」を受賞いたしました。

東書教育賞は、教育現場の地道な実践活動における,優れた指導法に対して与えられる賞です。

本教諭は、児童が音楽活動の楽しさを体験することを通して生活や社会の中の音や音楽に親しみ、生活を明るく潤いのあるものにすることを目指して日々指導をしています。

具体的には、聴覚を最大限に活用し、児童の発達段階に応じた教材を精選したうえで視覚的な情報を多く用い、児童にとってわかりやすい方法をとることで、音楽に対する興味関心を喚起し、楽しく基礎的な力を培っています。視覚的な教材をスモールステップで用いる継続的な支援を小学部在学中6年間にわたって積み重ねることで、自ら音楽にふれあおうとする姿勢を育んでいます。その結果、生活の中に音楽を取り入れる様子も見られています。

以上のような教育実践を、小学部初期段階における歌唱や音楽の基礎的な力となる拍の力を育むための導入の工夫と、小学部高学年の器楽奏での音楽性を高める活動についてまとめた論文が受賞いたしました。


2019/03/06〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ