平成30年度 千葉県特別支援学校初任者研修

10月16日(火)に本校において千葉県特別支援学校初任者研修が行われました。本年度、千葉県の特別支援学校に採用された初任者のうち、19名の方が来校されました。

まず、聴力測定室や幼稚部から高等部専攻科、寄宿舎までを参観しました。短時間ではありましたが、幼児児童生徒の学習の様子や教員の指導を熱心に見ていただきました。

その後、本校の初任者2名による精錬授業をじっくりと参観していただきました。そして、2グループに分かれて初任者のみなさんだけによる研究協議をしました。さらに,授業研究会をし、積極的に意見や感想を述べたり、質問をしたりしました。最後に「聴覚特別支援学校における授業での配慮」の講義を受けました。知識の活用のさせ方、教材教具の利用や手立ての工夫、子どもの理解を確かめながら指導することなどを学ばれました。

指導内容や方法は勤務される学校それぞれで異なりますが、子どもたちに最善の指導をするということでは共通すると思われます。本校での研修が明日からの指導に少しでもヒントになれば幸いです。今回、授業を見ていただいた本校の初任者にとっても実りが大きい研修会でした。また機会があったら是非本校にお越しください。


2018/10/17〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ