平成30年度 筑波大学「障害科学実践入門」学校参観

9月11日(火)に本校において筑波大学「障害科学実践入門」学校参観が行われました。これは、毎年、筑波大学人間学群障害科学類1年生が筑波大学の附属特別支援学校を参観する授業の一つとして行われるものです。本年度は、35名の大学生のみなさんが来校しました。

1日をかけて本校の広い敷地内を移動し、幼稚部から高等部専攻科、寄宿舎まで全てを参観しました。幼児児童生徒の学習の様子や、本校の補聴システムを熱心に見て、「生徒さんに分かりやすい話し方をしていると思いました。」「補聴システムはどの教室にもあるのですか。」などと積極的に率直な感想を述べたり質問をしたりしていました。その後しっかりとレポート課題に取り組んでいました。

筑波大学の附属校の一つとして、今後とも、本校と関わりをもっていただきたいと思います。機会があったら是非また本校を訪れていただきたいです。


2018/09/12〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ