「布の絵本の会」の皆さんが来校しました

6月27日(水)に、女子学院「布の絵本の会」の皆さんが来校し、本校幼稚部を参観しました。女子学院「布の絵本の会」からは、これまでにたくさんの作品を寄贈していただいています。

作品には壁一面を覆うほどの大きさのもの、授業や行事で活用するもの、実際に子どもたちが手にとって遊ぶことができるもの、活用場面に応じてたくさんの種類があり、それらは本校幼稚部の教育活動になくてはならない大切な教材となっています。作品の前では幼児たちが楽しくやりとりを行う姿がみられ、本校の言葉の指導に生かされています。

今回の訪問の目的は、これまで寄贈した作品の保存状態の確認、かつて制作にあたった会の先輩方の技法や技術の確認、今後製作して寄贈する作品についての意見交換です。幼稚部主事からは、さっそくさまざまなリクエストがありました。

多くの方々の支援に支えられて本校の教育が進められていることを忘れてはなりません。心より感謝申し上げます。

関連記事はこちら


2018/07/04〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ