平成30年度 関東地区聾教育研究会「聾教育実践研修会」

6月21日(木)と22日(金)に関東地区聾教育研究会主催の「聾教育実践研修会」が本校で行われました。これは、聾教育に新たに携わることになった先生方を主な対象者として、本校で毎年行われている研修会です。日本各地から2日間で約130名の参加者がありました。

1日目は聾学校の現状と授業について、幼稚部から高等部までの教育や授業実践についての講義が行われました。参加された先生方は、本校職員の講義に熱心に耳を傾け、質問をされていました。2日目は全学部での公開授業と指定授業が行われました。その後の授業研究会では、各部で活発な意見交換がなされていました。授業研究会だけでなく、たとえば、幼稚部では情報交換会、高等部と高等部専攻科では、本校職員と参加者が各教科に分かれてディスカッションが行われていました。日ごろの指導についてお互いに意見交換をし、充実した時間が持てていたことが先生方の表情から伝わりました。

多くの先生方に授業を見ていただき、授業について話し合えることは、本校職員にとっても指導力向上のありがたい機会となっております。今後もこの研修会が全国の聾教育の継承と発展につながるように努力したいと思います。


2018/06/25〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ