平成29年度修了式が行われました

平成29年度 修了式 学校長式辞

みなさん、おはようございます。

桜の花もほころびはじめ、日に日に春の暖かさを感じるようになりました。

三月十五日には、小学部・中学部・高等部の卒業式が、三月二十日には幼稚部の修了式が、行われました。

卒業生・修了生は、立派に成長し、それぞれの期待に胸を膨らませながら巣立っていきました。

それぞれが、すばらしい未来の主役になっていくことでしょう。

皆さんは、今日で、一年間の学びが終わります。

勉強や様々な経験を通して、視野を広げることができたでしょうか。

今年度も、みなさんは、スポーツ、絵画や作文でも、大きな成果を上げることができました。

仲間と協力して、欅祭を成功させました。

体育祭も、みなで燃え上がりました。

ひとつひとつが大切な思い出となったことでしょう。

また、十二月には、本校生徒が、パリ聾学校を訪問し、今週は、パリ聾学校から生徒が本校を訪問しました。

本校は他にも台湾や韓国の聾学校とも交流しました。

既に、言葉や文化の壁を乗り越えなければならない時代が来ています。

そのためには、たくさん勉強して視野を広げる必要があります。

最後に、人と人との信頼関係を、築(きず)いていくこと、心が伝わるコミュニケーションをすること、これらは、皆さんが社会に出たとき、最も大切なことであることを知ってください。

それでは、健康に充分気をつけて、四月の始業式には、元気な顔を見せてください。

平成30年3月23日
筑波大学附属聴覚特別支援学校長 原島 恒夫


2018/03/23〜 アクセスカウンタ

トピックス全体のトップページへ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ