専攻科造形芸術科・ビジネス情報科

English Room

専攻科の造形芸術科・ビジネス情報科でEnglish Roomが行われました。今回は、英語でゲーム。もちろん“Don’t speak Japanese!” というルールのもとで行いました。

担当者が何とか9名は集めて3グループにしたいと呼びかけたところ、なんと12名の生徒が集まりました。Dianaさんによる説明のあと、ゲーム開始!

   @2チームがスクリーンの前に立つ。
   A答えの単語がスクリーンに投影される。
   Bスクリーンを見ているチームの生徒がヒントを出す。
   C答えがわかったチームは、紙コップのアルファベットを並べて単語を作る。

最初はどんなヒントを出したら良いのかと、とまどっていましたが、使い慣れた辞書や翻訳ソフトを駆使しながら、イメージする色や特徴、思いつくことを筆談で伝えて無事に3チームとも単語を言い当てることができました。

今回も、Dianaさんからの素敵なメッセージをいただきました。生徒からは、”I enjoyed this English game.” “The game was a lot of fun.” “I would like to play the game again!”など、笑顔いっぱいのコメントが寄せられました。


当てる単語の提示


ヒントを英語で出す


答えのスペルを並べる


先生からのメッセージ


生徒から先生へ、英語でメッセージ


2017/12/14〜 アクセスカウンタ

造形芸術科の詳細はこちら

ビジネス情報科の詳細はこちら

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ