専攻科造形芸術科・ビジネス情報科生徒が株式会社クラレを見学

2月13日,専攻科造形芸術科・ビジネス情報科1年生が株式会社クラレ東京本社を訪問しました。職場見学や実習を数多く経験し、生徒達のスーツ姿も板についてきました。

この日は「会社の概要」「CSR活動」「これから社会人になる皆さんへ」などの講義,「ショールームや執務室」「造形芸術科作品展(※)」の見学が行われました。「会社の概要」では,クラレの素材は身近な製品に多く使用されていること,有名なアルパカのCMがクラレの企業CMであることを知り,より身近に感じたようです。 アルパカがマスコットに採用された経緯など、生徒達は興味津々でした。「CSR活動」の「ランドセルは海を越えて」の活動についてのお話では、自分たちの車いす整備活動と重ね合わせ、「人の役に立つこと」こそが生きる喜びの1つになることを改めて感じた様子でした。

「造形芸術科作品展」の見学では,多くの人の目に触れるスペースに作品が展示されており、嬉しくなりました。

「これから社会人になる皆さんへ」の講義では、会社の方から働くために必要な心構えについてお話していただき、これからの学校生活で意識し、社会人になる準備を進めていくポイントを理解したようです。

毎年大変お世話になっている「株式会社クラレ」の皆様には,本校生徒のために様々な面でご協力ご配慮を頂いておりますこと,この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

※「造形芸術科作品展」
 クラレ東京本社内で開催していただいている展覧会です。 15年以上続いており,打ち合わせスペースや休憩スペースに展示される生徒作品は,社内だけでなく商談にいらした方などにも鑑賞していただいています。 校外の方に本校造形芸術科の創作活動の成果を知っていただき,感想をいただける大変貴重な機会となっています。


2017/02/17〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ