造形芸術科研修旅行(最終日)

研修旅行も最終日を迎え、今日は奈良国立博物館周辺でのスケッチと特別展の見学を行いました。

敷地内で鹿の出産場面に偶然出会った生徒がおり、その感動の中で、生まれて間もない子鹿が一所懸命に立とうとするのを見守りながらスケッチしました。

特別展の快慶展は国内外にある快慶作品を集めた見ごたえのある展示でした。 立体作品に興味のある生徒も参考にになったようです。

4日間の充実した研修を通して生徒一人ひとりが制作に熱心に取り組むことで、一段と技術をあげることができました。 同時に、自分の表現の良さを知ることができたと思います。


2017/05/24〜 アクセスカウンタ 

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ