専攻科ビジネス情報科 国内研修旅行

ビジネス情報科は、16日から19日まで、大阪研修旅行に行ってまいりました。

初日は、株式会社デジアサとABC朝日放送のスタジオ見学をさせていただきました。普段何気なく見ているテレビ番組が、多くの人の関わりの中で制作されていること。テレビ番組が、時には人の命を守る大切な役割を果たすという使命感を持って仕事をしていることなど、社会人としての働く姿勢を学ぶことができたようです。また、字幕制作の仕組みを見学したあと、ユーザーとしての意見を述べ、今後の字幕のあり方について話し合いの時間をもちました。テレビで見たことのある番組のスタジオも見学させていただき、生徒たちは夢中になって記念撮影をしていました。

2日目は株式会社JR西日本あいウィルを訪問しました。特例子会社で実際に働いている聴覚障害の方から説明をしていただいたり、様々な障害に対応している設備を見学させていただいたりしながら、自分たちが将来どのように働いていくことがよいのかを考える機会をもつことができました。JR西日本で配布される印刷業務を見学する中で、1つ1つの作業を正確にすることの大切さや、個人情報の取り扱いに対するセキュリティーのあり方も教えていただきました。笑顔あふれる会社で活き活きと仕事に取り組む姿に、働くことの喜びを感じることができました。

最後の3日目は大阪城を観光して大阪の文化と歴史を堪能し、充実した研修旅行になりました。

この度、「株式会社デジアサ」「ABC朝日放送」「株式会社JR西日本あいウィル」の皆様方には、お忙しいところ、様々な面で本校生徒のためご配慮頂きました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

ビジネス情報科の詳細はこちら


2017/05/22〜 アクセスカウンタ 

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ