専攻科ビジネス情報科と福井県立ろう学校で

ICTを活用したオンライン交流を行いました

3月7日(火)、専攻科ビジネス情報科1年生福井県立ろう学校の中学部生・高等部生とオンライン交流を行いました。

本校の生徒たちは、過去の先輩たちが明らかにしてきたオンライン交流に関する知見「一方通行にならない双方向型の交流が重要」「相手校が見やすい・分かりやすい・楽しい情報表現が重要」などを特に意識し、これまで準備を重ねてきました。

初めて交流をする生徒同士ということもあり、テーマは「自己紹介・学校紹介・質疑応答」という一般的な構成でしたが、クイズ形式の発表で互いに喜び合ったり、動画やスライド資料を効果的に活用したり、両校共に随所に工夫の見られる交流会となりました。

本交流のお陰で、本校生徒たちには、福井県立ろう学校に関する知識はもちろんのこと、社会人になる上で必要となる教養、オンライン交流に関する専門的知識、様々な経験を含めた汎用的能力をアクティブ・ラーニング型の教育活動を通して学んでもらうことができました。

今回の大変貴重な機会は、福井県立ろう学校の中学部及び高等部の先生方や生徒の皆様、そして福井県立ろう学校の教職員の皆様のご協力があって実現することができました。この場をお借りして心より御礼申し上げます。


2017/03/07〜 アクセスカウンタ 

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ