快挙! 専攻科ビジネス情報科

全商協会主催 第56回情報処理検定試験1級合格!

高等部専攻科ビジネス情報科の生徒が、今年1月実施の「全国商業高等学校協会主催 第56回情報処理検定試験(ビジネス情報部門)」を受験いたしました。その結果、1級合格者2名、2級合格者2名が誕生いたしました。

全商協会の統計資料に示されているとおり、全商情報処理検定1級(ビジネス情報部門)は、合格率(直近3年間)が19.8%〜36.9%という難易度の高い検定に位置付けられます。

この度、ビジネス情報科1年生1名、2年生1名の計2名が全商情報処理検定1級(ビジネス情報部門)に合格いたしました。なお、1年生の合格者誕生は、ビジネス情報科の歴史において初めての快挙でした。

また、専門的な勉強を始めて期間の短いビジネス情報科1年生2名が、全商情報処理検定2級に合格いたしました。

本検定は年2回(9月と1月)開催され、それぞれが次の目標に向けて取り組みを始めています。ビジネス情報科では、本人が希望する資格取得のために、教職員一丸となり指導・支援に取り組んでいます。

今回惜しくも合格に至らなかった生徒も含めて、それぞれの生徒が積み重ねた努力に、心から敬意を表したいと思います。

ビジネス情報科の詳細はこちら


2017/03/06〜 アクセスカウンタ 

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ