[Taiwan] 台湾研修旅行(造形芸術科・ビジネス情報科)

現地報告3日目

台湾研修3日目の12月14日(水)、生徒たちは臺北市立啓聰學校を訪問しました。

これまでに両校はオンライン交流(1回目2回目)を通して協働学習を行ってきました。

相手校の生徒による歓迎を受け、オンライン交流では実現できない個々の積極的な対面交流に取り組んでいました。本校生徒からのダンスパフォーマンスやお土産贈呈では、相手校の児童生徒の皆さんから大きな歓声を浴びていました。またグループに分かれて校舎を案内していただき、自分たちの専門性や教育環境と対比させながら大いに刺激を受けていました。今回ご用意いただいた昼食は、相手校の生徒が料理してくださったお弁当で、それら生徒たちと一緒に昼食をいただきました。様々な交流の機会を得て、生徒たちは充実した時間を過ごしました。両校は様々な活動を通して交流を継続していく予定です。

臺北市立啓聰學校を後にした生徒たちは、故宮博物院、龍山寺などの台北を代表する施設を見学しました。夕食はグループ毎に士林夜市を散策し、台湾の食文化を大いに満喫しました。

台湾研修4日目は、造形芸術科とビジネス情報科に分かれて活動を行い、それぞれ写生会や現地IT企業の見学会などに取り組む予定です。


2016/12/14〜 アクセスカウンタ 

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページ