専攻科造形芸術科・ビジネス情報科で

イングリッシュルームが行われました。

10月23日(金)、造形芸術科とビジネス情報科でイングリッシュルームが行われました。

イングリッシュルーム カティア先生からのコメントです。

今日は、専攻科で英語でゲーム(Who am I?)をやりました。

最初は私が見本を行ってから生徒の皆さんも積極的に英語ゲームに参加してくれました。

背中に絵と言葉(英語)の書いてある紙を貼って、みんなに見せて、他の人からヒントをもらいながら、紙を貼られている人は、紙に書いてあるものを当てなければなりません。

わかったと思ったときに「Am I ....?」と聞いて、他の人がYesかNoで答えます。ただし、絵を描いたり、英語の文章を書いたりしてもいいのですが、絶対にヒントに答えは出してはいけないというルールです。なるべく自分の言葉でヒントを作ったりしますが、もちろんわからない時は辞書や携帯などを使っても大丈夫です。

今日のイングリッシュルームでは教室に入ったら日本語禁止というとにしました。生徒たちも先生方も頑張ってこのルールを守ろうとしました。とても楽しい時間でした。


2015/10/27 〜 アクセスカウンタ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ