[工房わかぎり連携プロジェクト]

ビジネス情報科生徒による銀座販売会の取材活動

専攻科ビジネス情報科と造形芸術科の生徒が協力して、「工房わかぎり」の新しいホームページを制作しています。工房わかぎりのレザークラフト製品は、すべての工程が手作業で行われており、質の高い商品ばかりです。

工房わかぎりの展示販売会が、3月17日(火)から22日(日)まで、銀座(銀座幸伸ギャラリー1階)で行われています。

工房わかぎりの展示販売会

 日程:2015年3月17日(火曜日) 〜3月22日(日曜日)
 時間:11時 〜18時(最終日17時まで)
 紹介:こちらをクリック
 会場:銀座幸伸ギャラリー1階

3月17日(火)の販売会初日、ビジネス情報科の代表生徒2名が取材のため会場を訪問しました。どのような方々がお客様として訪れ、どのような商品が販売されているのか、現在ビジネス情報科と造形芸術科の生徒たちが制作中の工房わかぎりホームページに掲載するためです。生徒たちはビジネス情報科のiPadを活用してホームページの素材となる写真や動画を撮影したり、桐親会会長の藤田さん、工房わかぎり施設長の小林さんにインタビューしたりしました。

生徒たちは、今回の取材活動やインタビューを通して、販売会の目的やお客様の特徴、商品に対する考え方などを学ぶと共に、インクルーシブ教育システム構築の考え方に基づく「障害者理解を推進すること」の重要性や「自立し社会参加することができる」ようになるための工夫や成長の必要性を体験的に感じ取っていた様子でした。

・「工房わかぎり連携プロジェクト」これまでの経緯

【第1弾】ビジネス情報科・造形芸術科による「工房わかぎり連携プロジェクト」が始動!

【第2弾】ビジネス情報科生徒によるホームページ制作の報告



2015/03/17〜 アクセスカウンタ

2015年のトピックスのトップページへ

トピックス全体のトップページへ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ