文部科学省によるビジネス情報科のICTを活用した授業の視察

情報処理C(プログラミングとデジタルコンテンツ制作)

6月10日(水)、文部科学省から新津勝二様(生涯学習政策局情報教育課 情報教育振興室長)と梶濱真様(同課係長)が来校されて、専攻科ビジネス情報科2年生の授業「情報処理C(プログラミングとデジタルコンテンツ制作、授業担当:内野智仁 教諭)」を視察されました。

現在、ビジネス情報科・造形芸術科、そして工房わかぎりが共同で進めている「工房わかぎりホームページ制作連携活動」は、上述の新津様が本校と当作業所を結びつけてくださり、実現したプロジェクトです。

今回は、工房わかぎりホームページ用のレスポンシブな最先端のホームページ制作の様子、そして、Apple社のiPad上で動作するアプリ制作の様子をご覧頂きました。授業では、自分たちで作った工房わかぎりホームページ、そして試作版アプリについて、生徒自身に説明させて頂く機会も与えていただき、大変貴重な機会となりました。


2015/06/10〜 アクセスカウンタ 

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ