【PARIS】パリ聾学校生徒が国際交流のため来日しました

4月23日水曜日午前9時、成田空港に国立パリ聾学校から教員2名、女子生徒5名が到着しました。12時間の長旅にも疲れを見せず、到着ロビーでは満面の笑顔でした。

その後、学校のある市川市の国府台駅まで、京成線で移動しました。母国フランスとは異なった景色に各々とても関心を持たれ、窓の外を熱心に眺めていました。田んぼや瓦屋根の家が綺麗と感心されていました。特に驚いていたのは、日本の青空の美しさです。

筑波大学附属聴覚特別支援学校に到着し、真っ先に迎えてくれたのは、正門に掲げられていたフランス国旗と日本の国旗でした。正門をくぐり、寄宿舎に向かう途中、本校の生徒達が教室の窓から手を降っていた様子にパリ聾学校の生徒達は大変喜んでいました。

今日から日本文化に親しんでいただける和室に宿泊していただきます。


2014/04/23〜 アクセスカウンタ

2014年のトピックスのトップページへ

トピックス全体のトップページへ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ