【PARIS】 速報!パリ聾学校訪問交流 その12 国際交流

【引率教員からのリポート】

昼食はパリ聾学校の給食を一緒にいただきました。

食事をする内に、本校の生徒の周りにパリ聾学校の生徒が集まり、楽しい雰囲気の中でコミュニケーションができたようでした。母語は違いますが、お互いに「伝えたい」という気持ちがあると、通じ合う方法が必ず見つかるもののようです。例えば、互いに分かる英語を活用して思いついた言葉をメモに書いて伝え、さらにその言葉について互いの手話を教え合う、といったやりとりが見られました。

中には文通の約束をしたことがきっかけで、フランス語を勉強したいと言った生徒もいました。

(写真はパリ聾学校の先生が撮影)

マルチメディア科で 英語の授業
数学の部屋で ダンス
マイク片手に 通訳とビデオカメラ
寄宿舎にて 銅像の前で

2013/12/28〜 アクセスカウンタ

2013年のトピックスのトップページへ

トピックス全体のトップページへ

筑波大学附属聴覚特別支援学校のトップページへ