本文へスキップ

 オリンピック教育活動が行われました。

橘貴啓選手のご講演と、車いすバスケットボールの体験がありました。

 12月6日(金)、筑波大学の「令和元年度オリンピック教育活動」の一環として、本校小学部高学年を対象に、パラリンピック選手講演会が行われました。
 今回は東京都車いすバスケットボールチーム「NO EXCUSE」所属・橘貴啓選手にお越しいただきました。講演会では橘選手ご自身の体験に続いて、車いすバスケットボールのルールについてクイズ形式での説明があり、児童たちも熱心に聞き入り、車いすバスケットボールについて大きな関心を寄せていました。
 その後の実際の車いすバスケットボール体験では、始めに橘選手による競技の説明や実演が行われ、車いすを巧みに走らせながらシュートを決める見事なテクニックに、児童たちからも驚きの声が上がりました。
 そして児童たちも実際に車いすバスケットボールを体験し、乗り方を一通り学んだ後に、実際に試合を行いました。車いすやボールの扱いに戸惑いながらも、慣れてくると車いすを走らせシュートを放つたびに、大きな歓声を上げ、車いすバスケットボールの楽しさを味わうことができました。
 大変貴重で、充実した講演会になりました。橘選手、ありがとうございました!