よくある質問|筑波大学附属聴覚特別支援学校 歯科技工科 

よくある質問 Q&A

入学資格は?

高校卒業以上で、聴覚に障害を持っている方。 →入学資格
ご質問等あればお気軽にご相談下さい。

軽度の難聴なんですが入学できますか?

個別に対応しているのでご相談ください。

聾学校の経験がないのですが… 手話ができなくても大丈夫?

聾学校の経験が無くても、手話ができなくても大丈夫です。
聾学校出身の人もいますし、普通高校を卒業した人もいます。
約半数の生徒は手話を知らずに入学してきます。
入学してから手話を覚えられるのでコミュニケーションの幅も広がります。

学費はどのくらいですか?

入学金は2,000円、年間授業料は4,800円です。
その他の費用については諸費用をご覧下さい。

授業はどのように進められていますか?

複数の教員が担当し、視聴覚機器や模型などと共に、手話も使い、わかりやすい授業を心がけています。
実習もやはり複数の教員がついてわかりやすい授業を心がけています。
常勤の教員は10名で、そのうち聴覚に障害を持つ教員が2名います。
その他、非常勤講師として近隣の歯科大学や歯科医院、歯科技工所などから教えに来てくださっています。
 →授業・実習風景

見学はできますか?

学校見学や相談は随時受け付けていますので、ご相談下さい。
5月下旬に公開日(授業見学と体験実習)、7月下旬に体験講座(体験実習)を実施しています。

技工科の建物はどんな感じですか?

実習室、講義室、作業室(鋳造・研磨室、石膏・重合室、ポーセレン室、図書・パソコン室)があります。

講義室
講義室
パソコン室
パソコン室
1年実習室
1年実習室
鋳造・研磨室
鋳造・研磨室

歯科技工士どんな仕事をするのですか?

歯科医師の依頼を受けて、歯科用 補綴物(ほてつぶつ) や矯正装置等を作製、修理する医療職です。
 →歯科技工士とは

卒業生の進路について教えてください。

歯科技工所や歯科医院に勤務したり、更に高い技術を習得するために研修コースに進学したり、多くが歯科技工関係に進みます。
なかには一般企業に就職する人もいます。
 →卒業生の進路

自宅から通学できないのですが…

自宅から通学できない歯科技工科生の多くは、学校近くにアパートを借りて生活しています。
本校には寄宿舎もあり、歯科技工科生も定員に余裕があれば入ることができます。(入寮は学年の低い生徒が優先されます。)
他にも、民間の学生寮から通学する学生もいます。

歯科技工士免許はどのように取得するの?

3年間の勉強を終えると厚生労働大臣が定める歯科技工士試験の受験資格が得られます。
これまで千葉県では、国家試験は2月に2日間の日程で行われています。1日目は学説試験、2日目は実地試験(実技試験)です。合格発表は3月中旬に行われています。(※H28年より国家試験の全国統一化に伴い、実施方法が変更になります。)
その後、合格証書と免許申請の必要書類を住所地の保健所に届け出をして歯科技工士名簿に登録されてはじめて厚生労働省大臣の歯科技工士免許を取得することができます。

私はあまり器用な方ではないのですが大丈夫でしょうか?

技工物は患者さんの口の中で使われるものですから芸術的な技術よりも、患者さんの生体に合った物を作るための理論に基づいた丁寧で正確な技術が大切になります。ですから、ことわざにもあるように「努力に勝る天才なし」です。

職場などでの実地研修などはあるのですか?

2年次に歯科技工士が勤務する歯科医院で2日間の見学実習を行います。3年次には大学病院等で9日間の職場実習を行います。

私は地元に帰って就職したいのですが、サポートしてもらえますか?

本校には北海道から九州まで全国各地から生徒が入学してきています。地元での就職を希望する場合は、ハローワーク又はその地域の大手歯科技工所、歯科技工士会、近くで働く卒業生の職場などを通じて職場開拓をしています。