歯科技工科の特徴|国立大学法人筑波大学附属聴覚特別支援学校 歯科技工科 

歯科技工科の特徴

本校歯科技工科は、全国の歯科技工士養成所のなかでも、聴覚障害教育の専門性を生かした歯科技工士教育および支援をおこなっている唯一の聴覚障害者のための歯科技工士養成校です。

一般の歯科技工士養成所のほとんどが2年制であるのに対し、本校歯科技工科3年制で、1学年定員10名の少人数教育を行っています。

専門教科の充実の他、一般教養科目を設定し、社会人として有用な知識の習得にもつとめています。様々な方法による情報保障およびきめ細やかな配慮により、聞こえない・聞こえにくい生徒が理解しやすい授業を行っています。

また、歯科医療の現場を知るために大学病院や歯科診療所等での実習も行います。

3年次に国家試験にほぼ100%合格しており、卒業時はほとんどが歯科技工関係に進路を決めています。

就職時および就職後は様々な問題における支援を行っています。また卒業後の歯科技工研修の場における情報保障の支援を行うなど、聴覚障害者の歯科技工士の技能向上のための支援を行っています。


アビリンピックとの関わり

本校歯科技工科は全国障害者技能大会(アビリンピック)歯科技工競技において1998年よりその運営に中心的に関わり、障害者歯科技工士の仕事に対する意欲と技術の向上に努めてきました。これまで本校歯科技工科卒業生が多数出場し、幾度も金賞を受賞しています。


国際交流

歯科技工科は本校の姉妹校であるパリ聾学校と交流を行っています。
(※現在聾学校に歯科技工科が設置されているのは、ヨーロッパではパリ聾学校、アジアでは本校のみです。)

また、韓国の歯科技工士養成所とも交流があり、韓国の学生が本校歯科技工科の見学に訪れています。