デイサービスセンター訪問|筑波大学附属聴覚特別支援学校 歯科技工科 

デイサービスセンター訪問

歯科技工科2年生では、部分床義歯の製作を学ぶ授業の一環として、デイサービスセンターを訪問しています。

実際に入れ歯を使っているお年寄りの方々との交流を通して、高齢者の歯の悩みを知り、より良い義歯の製作につなげていくことが目的です。

今年で10回を数えるこの取り組みですが、今までの生徒の感想で圧倒的に多いのが、自分の話を一生懸命聞いてくれて嬉しかったというものでした。
そのような生徒たちが「自分の話がお年寄りの方に伝わるかな」と心配しながら、真剣に伝えようとするその気持ちが、将来の自分を見据える原動力になっていると思います。

今年も生徒たちは何かを掴んでくれたと信じています。
市川市国府台デイサービスセンターの皆様 ありがとうございました。