タイトルイメージ 本文へジャンプ



卒業生の話を聞く会

 

 10月6日卒業生の話を聞く会を行いました。

 寄宿舎では、毎年寄宿舎卒業生を招いて、どのような思いで寄宿舎生活

を送ってきたか、寄宿舎で得たことは何かをお話していただいています。

そのお話を通して、今の生活を卒業後にも繋げられるようにという願いで

「卒業生の話を聞く会」を行っています。


 今回は地域の中学校を卒業し、手話も全くわからないまま本校に入学、

3
年間を過ごし、今はろうの子どもを持つ母親でもある先輩を招きまし

た。


 初めてろう学校に入った時の思いや寄宿舎生活の中で得たこと、母にな

って思うこと等、エピソードを交えてお話くださいました。「ともに過ご

す仲間を大切に。ぶつかってもいいから色々コミュニケーションをとって

ほしい」と力強いエールをいただきました。同じような経験した人、そし

て共に寄宿舎生同士、共感できることも多かったのではないでしょうか。


 附属の先輩、寄宿舎の先輩、また人生の先輩として、色々な話を伺い、

舎生のみんなにとって励みになったと思います。