タイトルイメージ 本文へジャンプ

 寄宿舎は遠隔地から筑波大学附属聾学校に入学し、勉学をしようとする者が入舎します。

 中学部生から入舎できますので、寄宿舎には日本全国から集まった中学部から高等部専攻科までの多様な年齢の生徒が生活しています。

 寄宿舎では集団生活を基本とします。特に中高等部生は自主的・自律的生活をすることになります。日課に従って学習し、自分のものは自分で洗濯し、自室や決められたところを掃除します。

 今までの家庭での生活とは違った心構え・配慮が必要になります。

寄宿舎の様子はこちら