高等部普通科

全国の聾学校へ届け!!私達の思い2020美術部文化祭企画

 今年の文化祭はコロナウイルス感染拡大の影響で、規模を縮小し、校内発表のみとなりました。今年は全国でいろいろなイベントや大会が中止になり、悲しい思いや悔しい思いをしている人達がたくさんいると思います。私達美術部も、今年は例年作品を出品している展覧会が中止になってしまいました。そんな中でも、元気を出して頑張りたい、諦めずに前を向きたいという気持ちを作品で伝えたいと思い、文化祭の共同制作として、今までにない大きな作品に挑むことにしました。



 企画内容は、私達の思いを込めたメッセージを表す指文字の石膏像を使って、1つの大きな作品を作るというものです。そのためにはたくさんの指文字の石膏像が必要ですが、本校高等部普通科の生徒だけでなく、専攻科の生徒と小学部の児童会にもご協力いただいて、必要な数の石膏像をそろえることができました。



 作品は次のような3つのパーツに分けました。
パーツ1:コロナウイルスに負けない気持ちを表現


パーツ2:自粛の間に辛かった気持ちを表現


パーツ3:今自分達にできることを頑張っていこうという気持ちの表現


 たくさんの人達にご協力いただいて、1つの作品を作り上げることができました。 最後になりましたが、制作のための費用を一般社団法人芳心会からご寄付いただきました。 本当にありがとうございました。
美術部一同

メッセージ

わたしたちはコロナウイルスに負けません。
失われた大切な毎日。
不安や落胆や諦め。
しかし、無くしてもまたつくりましょう。
新しい未来を力を合わせてつくっていきましょう。