高等部普通科

「心の輪を広げる体験作文」で普通科生徒が最優秀賞WIN A PRIZE

 1月22日、千葉県庁舎において、令和元年度「心の輪を広げる体験作文」の表彰式が行われ、本校普通科の西浦大貴くんが表彰されました。


 彼は、「三浦海岸共同生活」で体験したことをもとにして作文にしました。 「三浦海岸共同生活」は、筑波大学附属11校の児童生徒が集まり、障害のある人とない人が共に交流する企画で、2019年8月末に実施されたものです。 聴覚障害について見つめ直したり、健常者や他の障害のある人たちとの交流を通して学んだりしたことを作文にしました。 受賞した作文のタイトルは、「時代にあった障害者と健常者のつながり」です。