高等部普通科

2019年パリ聾学校訪問交流VISIT TO INJS

2019年12月に本校普通科の生徒9名がフランスのパリ聾学校に赴き、現地の生徒と交流会をしました。

1日目 12月8日(日) 出国

出発前に団結式を行いました。団長の石井先生の挨拶の様子です。

羽田空港国際線ターミナル「はねだ日本橋」で集合写真を撮りました。

搭乗した飛行機です。

パリ行きの搭乗案内です。少し遅れて出発しました。

シャルル・ド・ゴール空港に到着しました。

無事にフランスに入国することができました。

専用バスでホテルに向かいます。

部屋からセーヌ川やエッフェル塔が見えるホテルに到着しました。

フランスの有名なスーパーMonoprix(モノプリ)で夕食を購入しました。

ホテルのロビーで集合写真を撮りました。


2日目 12月9日(月) パリ聾学校見学

2日目は、午前中に本校のプレゼン(本校紹介、日本文化紹介、劇・ダンスの披露)、午後に学校施設見学とスポーツ交流を行いました。

スクールバスがホテルまで迎えに来てくれました。

到着後、ドレペの銅像の前で教頭のエスティバン先生から歓迎のご挨拶をいただきました。

本校から、自己紹介や学校紹介、日本文化などの用意したプレゼンテーションを行いました。

日本から持っていったお土産です。

両校の発展と、今後の交流の継続を願い、だるまの目入れをしました。

昼食は学校の食堂でいただきました。

3チームに分かれてバスケットボールの試合を行いました。

パリ聾学校内でつくっているはちみつを頂きました。

ストライキのため、地下鉄の大半は運休していました。

夕食はショッピングモールの中のファストフードを食べました。


3日目 12月10日(火) パリ聾学校見学

3日目は、午前中に歓迎セレモニーを開いていただきました。その後、ストライキについてディスカッションを行い、午後は寄宿舎で交流をしました。

朝食後、セーヌ川沿いを散歩しました。

歓迎セレモニーを開いていただきました。

パリ聾学校からド・レペTシャツやバッグを頂きました。

箸に挑戦してもらいました。

「ストライキについてどう考えるか」をテーマにディスカッションを行いました。

ディスカッションの内容や感じたことを発表しています。

パリ聾学校内にある教会です。

寄宿舎で手作りのケーキを頂きました。

今日は学校からホテルまで徒歩で帰りました。ナポレオンが眠るアンヴァリッドの前です。

夕食はレストランでクレープやガレットを食べました。


4日目 12月11日(水) 授業参観と寄宿舎見学

4日目は、パリ聾学校の生徒と一緒にルーヴル美術館に行き、午後はサント・シャペルやクリスマスマーケットを観光しました。

パリ聾学校の生徒と一緒にルーヴル美術館へ行き、様々な美術作品鑑賞しました。

昼食はパリ聾学校が用意してくれたサンドイッチを食べました。

午後はサント・シャペルに行きました。

クリスマスマーケットで買い物をしました。

クリスマスマーケットで買い物をしました。

レストランでフランス料理を食べました。エスカルゴもおいしかったようです。

この日も徒歩で帰りました。ホテルに帰る途中で撮影したエッフェル塔です。

今年の3月からパリにあるOECD代表部で参事官をされている方にお越しいただき、仕事の内容やパリでの生活についてお話を頂きました。


5日目 12月12日(木)・13日(金) エッフェル塔・凱旋門観光、帰国

5日目の午前中は、エッフェル塔まで歩いていき、第二展望台まで階段でのぼりました。午後は、バスで移動し、凱旋門を観光したり、お土産を買ったりしました。

午前中はエッフェル塔に行きました。エッフェル塔の下で写真を撮っています。

日本の障害者手帳を提示し説明したところ、4.9€ で入場券を購入できました。

第2展望台まで階段でのぼりました。第2展望台から見たパリ市内です。

お昼はエッフェル塔からホテルに帰る途中にあったkiosque(キオスク)でパンやワッフルなどを購入しました。

午後は専用バスに乗り、ノートルダム大聖堂など様々な建築物を車窓から眺めました。

凱旋門で降りて、集合写真を撮り、お土産を買いました。

シャルル・ド・ゴール空港に着き、搭乗手続きで並んでいます。

羽田空港に着き、解散式を行いました。団長の石井先生から、パリ訪問交流の経験を今後の生活に役立ててほしいとお話がありました。