高等部普通科

2017年パリ聾学校訪問交流VISIT TO INJS

2017年は本校普通科の生徒10名がフランスのパリ聾学校に赴き、現地の生徒と交流会をします。

5日目 12月15日(金)

5日目は、帰国の途につく最後のパリ滞在になりました。午前中はお土産の買い物、午後はノートル・ダム大聖堂やサクレ・クール聖堂などを観光しました。

お土産の買い物に行く前にホテルのロビーで、単独行動しないように、グループ毎で行動するなど留意点を説明している場面です。

ホテルから徒歩10分のモンパルナス。この街並みはダンフェール・ロシュロー広場から眺めたところで、目前の建物のMONOPRIXで買い物をしました。

ダゲール通りを散策しました。モンパルナスは、20世紀の初め、世界中からやってきた貧しい詩人、作家、画家たちのたまり場となったところです。

ホテルを11時半頃にチェックアウトし、荷物を専用バスに積めてから市内観光をしました。

裁判所です。

北のばら窓。1250年頃に作られたもので、光をさす大きな円形のガラス窓に驚嘆しました。

幅40m、奥行き128m、高さ33mの大聖堂です。縦軸が横軸より長い「ラテン十字」の平面プランをベースとしています。

フランスゴシックの傑作のノートル・ダム大聖堂の正面入口である西のファサードです。大聖堂をあとにして、パリで一番高い丘のモンマルトルに移動しました。

白く輝くビザンチスタイルの教会のサクレ・クール聖堂です。

聖堂からはパリの素晴らしい眺めが楽しめました。真ん中に建っているのは、エッフェル塔です。

生徒達の希望で、空港に行く途中で、エトワール凱旋門を迂回しました。

どっしりと構える門は、威厳を感じさせます。門を1周半周ってから空港へ直行しました。

シャルル・ド・ゴール空港に夕方4時半頃到着しました。

出国ゲートです。

19時30分発日本行きのANA航空機の搭乗を待っている様子です。

到着2時間前の機内食の様子です。

パリから羽田までの飛行ルートです。

到着10分前の窓から見下ろした町の様子です。12月16日(土)15時頃、羽田空港国際線に到着しました。

入国手続きの様子です。ようやく日本に帰ってきました。

校長先生が生徒達にねぎらいの言葉をかけました。6日間、お疲れ様でした。迎えに来てくださった保護者の皆さん、ありがとうございました。