高等部普通科

2017年パリ聾学校訪問交流VISIT TO INJS

2017年は本校普通科の生徒10名がフランスのパリ聾学校に赴き、現地の生徒と交流会をします。

3日目 12月13日(水)

3日目は、パリ聾学校の授業や寄宿舎を見学しまた。

午前の前半は、園芸科の蜜蝋作りの体験をしました。

パリ聾生徒による蜜蝋の作品です。養蜂の授業を中1で行い、蜂蜜を取った後の残りものを使ってロウソクを作るようです。

午前の後半は、音楽の授業でパリ聾生徒と本校生徒が一緒に様々な楽器を弾きながら音楽の楽しさを共有することができました。

今度は別のクラスと一緒に、体を使ってリズミカルに表現することを楽しみました。

昼食後、英語の授業に参加しました。パリ聾の生徒が口頭で質問して、本校生徒が口頭や筆談などで答えました。

授業を終えてのワンショットです。

午後の後半は、寄宿舎を見学しました。舎生がフランス手話で説明していました。

見学の後に、舎生たちがお菓子や飲み物でもてなしてくれました。

談話しながら楽しい交流ができました。

5階の寄宿舎の窓から見下ろした広大な庭園です。

3日目の最後に、週1回のフランス手話(LSF)の授業を受けました。聾の先生がフランス手話を教えています。

現地の聾の先生との記念写真です。

今後の予定 ▼

4日目 12月14日(木)
ヴェルサイユ宮殿、パリ市内

5日目 12月15日(金)
サクレクール寺院、ノートルダム寺院

6日目 12月16日(土)
帰国